スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルク・ルーテッドビークル

  • 2010/11/03 20:17
  • Category: Orks
 オルクと言えば分捕りだゴルァ

CA3A0381.jpg

 モデルはイタリア軍の戦車です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/M11/39

 もともとは突撃砲として使用しようと考えていたのですが、トラック用に作ったビッグシュータ砲塔がいい感じだったので採用。車体に載っけて、さらに主砲上部にビッグシュータを追加。
 え?「どうせドカーンガンしか使わないだろ?」
 ごもっともで(笑)

CA3A0383.jpg

 見てわかるようにレマン・ラスの車体を改造しました。
 このレマン・ラス戦車は平原迷彩から冬季迷彩、「光と陰」迷彩に都市迷彩と4回も塗り替えられており、さすがにモールドが埋まってしまったので「じゃあ改造しよう」とオルクに捕獲された戦車です(笑)
 手間のグレッチェンはMBRSさんのもの。見てると自分の腕が泣けてきますw

CA3A0382.jpg

 前方から。8mmプラパイプでつくったドカーンガンは正直、運搬しにくいですw
 同軸ビッグシュータはシュータと5mmプラパイプを繋げただけ。

CA3A0384.jpg

 いやん見ないで後ろは適当なのよ(笑)

CA3A0385.jpg

 イタリア戦車を意識しているので、

 イタリア→北アフリカ→大敗北→捕獲→カンガルーマーク

 ……えーっと、とにかくイタリア軍の砂漠迷彩を意識したのですが、寂しすぎたのでスローガンを追加したということです。一度下地を塗ってから適当に2回重ねて塗りました。字は手描き。

 一応ブラッド・アックス所属なので、色は地味。それらしいことを書き込んであります。解読できるかな?
 青からわかるように、ルータ所有のブラッド・アックス所属という大変ややこしい設定。

 CA3A0386.jpg

 (個人的に)出来のよすぎる砲塔。オルク・ボゥイからビッグシュータとアタマ、ランナーを持ってきて、適当なプラバン・壊すつもりはなかったんだけど改造に失敗して「あ……またやっちゃったでや」と放置した戦車のプラモ・ビッツパーツを適当に組み合わせただけのもの。

 基本的に私は

 一、きりはしサイコー
 二、テキトーでいいんだよんなモン
 三、困ったときはキャタピラだぜ!

の3箇条を頭に入れてオルクのビークルを作ります。

 側面装甲を見ればわかるとおり、様々な大きさの板が乱雑に貼り付けられていますが、実際適当に貼り付けています。位置がどうのではなく、貼るスキルの方の意味でw
 半トランス状態で作ってしまうのでこういう感じのユニットができあがります。

 深いこと考えずにバシバシやるのは実に楽しいです。ストレス解消?

 あと、キャタピラはつけるだけでぐっと立体的になるのでオススメです。「なんか足りない」と思ったら貼っちゃいましょ、的な。繋ぎ目も隠せます。



 ちなみに現在この戦車は、釧路駅前の三宅模型さんで、MBRSさんのオルクやカズさんのマリーンと一緒に飾られています。
 バトルで使用することも可能なので(MBRSさんはそれを前提にして預かってもらっているそうです)、釧路に寄る機会があれば、是非ごらんになってください。

 現在、2台目(2代目?)のウォートラックを製作中。タミヤのジープベースで、ツインリンク・ビッグシュータはホルヒに積まれたFLAK38みたいな対空機関砲風にする予定です。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://factryworldrottweil.blog11.fc2.com/tb.php/54-3c0ef9c7

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

Utility

プロフィール

ラク

Author:ラク
 ミニチュアゲームな話題を紹介していくブログです。

Twitter

laku1939 < > Reload

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。