スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウ小隊第1分隊

 昆布漁が終了し、8万を手に凱旋することができました。
 本当はもう少し長くいるはずだったのですが、漁が早めに始まったせいで終了時期も一緒にずれ……。

 それでもUZI用のバッテリーとマガジン、ソ連軍プラモを購入し、その上貯金も増えました。この不景気の時代ですからほんとに助かります。

 大部分が各種漫画単行本とさよなら絶望先生のDVD・CDに消えたのはナイショですw



 勉強の合間というか、身辺整理の合間に(こう書くと自殺前の話みたいですがw旅行鞄の整理です)10体を仕上げました。


CA3A0270_convert_20100815225429.jpg

 再塗装の変更点は

・全兵士に統一した塗装
・全兵士にベースデコレート
・分隊識別塗装

ですね。

 上2つはいいとして

分隊識別塗装は今更かというようなモノですね。

 今まではバトルの度にバラバラに引っ張り出してきて戦闘団を編成していたので、再塗装が完了した暁にはそのタイムロスがなくなるだろうと考えています。

CA3A0271_convert_20100815225510.jpg

 指揮官です。ブラウ小隊は言わば員数外の兵力で、半壊した分隊の生き残りや中隊が確保した敗残兵や迷子兵の中から、豪腕の持ち主だけを選び構成している白兵戦闘のための部隊です。

 ベテラン的な部隊です。もっとも、彼らは射撃よりもスコップでぶん殴る方が得意でしょう。というわけで、軍曹はパワーソードを装備。

 早く名前を考えてあげないと。カフカ……は中隊長あたりにとっておこうか(爆)

CA3A0272_convert_20100815225534.jpg

 お気に入りの3人。

 通信兵は2年前からの生え抜きで、以前はSS迷彩でしたが冬季迷彩に変更、さらにハラコン・ウォーホ-ク第82空挺師団に装備替えをしてファントリアン仕様になるという複雑な系列の持ち主です。おかげで細かいモールドが潰れています。

 他の2人はカタチアン兵のヘッドを使用。突撃するイメージで製作しました。



 次に筆を入れるのは第2分隊か、小隊本部か。はたまたゲルプ小隊かオーフェンロール(=中隊本部)か。

 オーフェンロールは煙突の意味で、パンツァーシュレックのあだ名でもあるそうな。対戦車分隊のコードネームの方がいいかもしれないけれど、響きが気に入っているからなぁ。AT班には「パンツァーファウスト」の名前を与えることになるだろうと思う。

 ……迫撃砲のコードネームはどうするかな。「シュワツル」あたりでいこうかな。

 とすると戦車部隊(ry


 いつまでも決まりそうにないです。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://factryworldrottweil.blog11.fc2.com/tb.php/45-028d9a16

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

Utility

プロフィール

ラク

Author:ラク
 ミニチュアゲームな話題を紹介していくブログです。

Twitter

laku1939 < > Reload

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。