スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペイントコンテスト構想

 5月2日と5月9日にエクスキューショナーズの定例会を開こうと考えています。いずれも体験会で、1スカッドバトルと簡単な500ポイントバトルができるようなものにしたいと考えています。


 ただ、釧路では趣味人の数がとても少ないです。
 少しでも40k(ひいてはGW)のことを知ってもらうために、スペースマリーン・コンテストの開催を考えています。

 まだ計画段階ですが、

・スペースマリーン1体を塗装する。
・楽しむことが目的。
・展示方法は自由。単体でも情景仕立てでも。

といった感じのものです。

 グランドペイントコンテストで、余ったシャッファー大佐(メタル)をミヤケ模型さんに提供したところ、ベテランさんが塗ってきてくださったので、この方法でなら広められるかな、と考えました。
 GWJの広報部さんからリンクしているハイパーホビーさんの連載「ミニチュアふりーだむ」の影響もあります。シタデルミニチュアの自由度の高さを知ってもらえれば、興味を持つ人が出てくるのでは……というわけです。

 まだごっちゃごちゃなので、ミヤケ模型さんと相談して決めようかと思っています。あいにく、明日は定休日。逆に考えれば考えを纏める絶好のチャンス。

 クルージュナポカ連隊用にミリティアを注文してしまいましたが、新たにスペースウルフを購入して無償提供できないものかと考えています。出費が……。

 コメントの返信は続きから。
コメントの返信

ネ申我人様

 スターリングラード、その通りです。掩蔽壕前の広場を「赤の広場」と呼んでいましたw

 一応、私の独断と偏見によるIG市街戦戦法は、迫撃砲の集中投入と手数の多い武器、ですね。
 迫撃砲は、オルクみたいな相手にとって多少狙いがはずれてもダメージを受ける武器なので。運の要素が強いですが、大量に……9門投入しても180ポイント……配備して、がしがし砲撃したいです。ただ、現状は3門……
 特に狭い場所にはフレイマー装備の部隊がいいですね。どうしても1列縦隊になるので、普段より多くダメージを与えられます。ヘルハウンドはこの任務にうってつけですね。

 ただ、私自身、戦闘経験が浅いので(玉砕経験なら豊富です)まだつかめていません。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://factryworldrottweil.blog11.fc2.com/tb.php/34-48c7376a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

Utility

プロフィール

ラク

Author:ラク
 ミニチュアゲームな話題を紹介していくブログです。

Twitter

laku1939 < > Reload

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。