スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況2011/03/03

 しばらくぶりの更新です。フィンランド語、見れば見るほど怪しいな……。

 昨年は初めての留年を経験しましたが、今年は初めてのノー再試年となりそうです。4月までの一月丸々を再試に費やしていた過去三年間とは違い、勉学・趣味両方によい結果をもたらせる1年間にできます。

 趣味のブログですので勉学の目標はさておき……



 まず40kをどう増強するかに関してです。


 現在3軍(IG,Orks,CSM)を保有していますが、この内オルク・アーミーを止めることにしました。

 なぜか?簡単な理由です。「大量編成アーミーは1つで十分じゃないのか?」

 もともと、オルクを始めた理由は「撃っちゃ殺りのボカチン機械をつくりてぇ」でした。

CA3A0181.jpg


 しかし戦えるオルク・アーミーにするには費用がかかりすぎます。その点で二の足を踏んでしまい、頂いたスラッガボゥイとかデフコプタを放置していました。「いつかノブを買ったときに」と、バトルワゴンも机上の空論で終わっていました。

 決めた以上私自身はもうオルクを増強しません。で、くるとんさんや中学生軍団の一員がオルクを始めるようなので、緑の津波を必要としている方々に手持ちから増援を送ろうかと思います。すでにスラッガボゥイとデフコプタはくるとんさんに手渡しました。もともと好意で頂いたものですし。


 さて、私がオルクを始めた理由は「撃っちゃ殺りのボカチン機械をつくりてぇ」です。これで枠に縛られず(コデックスには縛られますが)ビークルを作ることができます。自分のお金で調達した材料でつくったユニットや車両は、折角なので所属クラブチームの資金源にしようかなと思います。……欲しがる人いるのかな……。

 いくつかの部隊は残しておき、むしろ再増強して体験バトルに使用します。まだ冬戦争シュータ・ボゥイが未完成ですから、何年間という長いスパンの中で完成させようと思います。





 オルクへの資金援助を断ちました。次にすべき事はケイオス・スペースマリーンの再増強です。
 なんだか悪役っぽい書き方w

 低資金で大規模な部隊を展開できるCSM。IGの調達は控えめにして、CSMを増強します。

 ツイッターで、Sir Motor LordfishyさんやDaiZoさん、TetuさんにCSMの戦略・戦術に関するアドバイスをいくつか頂きました。それらから得たものは……

「コーン・バーサーカーこそ戦場の主役。友軍を犠牲にしても良い、血の神の使徒が戦斧を振り下ろせるなら!」

「後方を攪乱せよ!選ばれし者を敵戦線に潜入させ、破滅の渦を降臨させよ!」

 要はライノに載せたバーサーカーを敵戦線に到達させるため、別のライノでカバーをムリヤリつくり出し、血の神のライノを保護する。チョーズンを浸透戦術ないし迂回行軍で敵戦線に到達させ、ディーモンやケイオス・ターミネータの縦深攻撃を誘導する。ということです。

 実際にこの理論で戦ったことがありませんし、おそらく意図を誤解している部分がありますので、少なくとも10回は戦ってみる必要があります。その上で、今後の増強計画を決めていきます。

 計画の中には

・ケイオス・スペースマリーン必要数
・メルタガンを最大限に装備したチョーズン10人
・コーン神のターミネータ10人
・ライノ必要数
・プレデター
・ヴィンディケーター
・ディファイラー
・オブリタレイター
・サモンド・ディーモン
・レッサー・ディーモン

のうちどれかを増強する、と書いてあります。もちろん、それを決めるのは戦闘結果です。

 ただし、個人的に欲しいユニットであるプレデターとデス・シャドウのチョーズン部隊はすでに手配済みです。
 プレデターはライノに換装することが可能なため。プレデターは武装を交換可能にし、従来の現地改装型プレデターにも側面砲塔を増設します。
 ヴィンディケーターの火力も魅力的ですが、ライノ化が難しい点、GKと戦う際に友軍を巻き込む点で見送りました。プレデターであればパラディンを狙撃することが出来ます。
 あとは単純に、戦車が2台あったらさぞかし壮観だろう、という点ですね。これ重要。

 もう1つ、Kさんがよく「レイザーバックかキメラがとても欲しい。だってキメラにはターミネータが乗れるんだぜ~。あ、できればフェルブレイドが~」とつぶやいていらっしゃるので、今の内に戦車対策しておこう、という意志の表れでもありますw



 設定面でも大きく変化させています。

 今までは「デスパルト・オヴ・コーンの配下にドライジーネ・バタリオンがある」という設定でしたが、今回の増強計画で「虐げられていたDBがDoKを掌握し指揮権を握った」ことにしましたw
 というか、DoKと略したらドンキーコングに見えてきて困りましたw

 というわけで、コーン神が目の敵にするサイカーや、各カルトマリーンなどを自由に配備することが可能になります。

 設定はすでに固まっていますので、今度うpしようと思います。




 IGはしばらくの間、現状維持です。十分な戦力がありますから。

 ありうるのはフォージ製ヴァンキッシャーの導入。そのうちフォージ製品も日本向けだけ値上がりするんじゃないかと思っていますので、早く入手できるなら早いだけ良いなと。なにしろ、レマンラス本体分を引くと、砲塔を500円くらいで買える計算になりますから。個人輸入だともっとお得でしょうけど、アイコノさんに頼ることになりそうです。

 あと、「ファントリアン」を「フェントリアン」に変更しました。ドイツ語だとこちらの方が良いようなので。

 惑星ローザンヌという後進的な農業惑星の設定もつくりましたので、農民義勇兵とともに近々うpします。



 ミリタリー・プラモデルに関してはジオラマを積極的に作っていきます。

 現在考えているのは

・1945年ベルリン間近。休憩中のソビエト軍偵察隊。
・1942年北アフリカ。88ミリ砲陣地に迂回攻撃を仕掛け、白兵戦に入る英軍歩兵。
・1944年フランス。ドイツ兵に扮した地下組織が将校を捕らえた。
・1945年ベルリン。雑多なドイツ軍部隊が首都の最期を見守る。
・1941年ウクライナ。T-26の部隊が歩兵の先頭に立ち、反撃に出る。
・1942年スターリングラード。ドイツ軍の歩兵部隊が工場の廃墟まで前進した。
・1942年エル・アラメイン。補給不足に怒るイタリア軍戦車兵と将校。

 つまりは在庫処分です。1番目以外は何かしら買い足す必要があるんですけどねw

 とりあえず、1番目を作っています。M3スカウトカーと、ロシア人数人です。色調は暗めにしようと思います。















 ツイッターでいろいろリツイートしていると、けっこう胸にぐさっと来るものがあったりします。

 いろいろ自分で考えて、何が良くて何が悪いのか、そういう事をよく考えます。

 いろいろな可能性を考えて、そして最後には「結局、良い選択も悪い選択もない。あるのは無数の色のない選択肢と、自分が選んだ選択肢、そしてそれが及ぼした影響だけだ」という結論に落ち着きます。

 けれども考えはまた最初に戻ってしまいます。「どういうことだったのか」、と。

 未だに結論が出ません。出せません。新聞委員会の運営で、多少はわかったような気がしますが、それでもやっぱりわかりません。わからないから、結論も出ないし、どうすればいいかもわかりません。

 私は、何年もかけて磨いていくにんげんです。スポーツは苦手ではありませんが、得意でもありません。3年間スクールに通った水泳だけは、誇ることが出来ます。

 霧のような状態だった数年間のあとに来た急成長の中で、私はいつもと同じようにしていました。

 
 リツイートしたツイートの中に、確かこんな文章がありました。
 
 「日本人は言いたいことを人に言わない。だから、その人の所に行って、あなたはこうこうこう思っていますね、あれはこうでそうでしょう、と言うとたいていの人は驚く」

 他にもいろんなツイートがありました。わずか140字の中にいろんな情報がつまっていて、すべて読み取るのが難しいほどです。



 私が絶対正しい、という主観から見れば、「どうしてその都度苦情を言わなかったのか」ということになるのでしょうか。
 私が絶対間違っている、という主観から見れば、「どうして察することができなかったのか」ということになるのでしょうか。

 極端な考えは書き表しやすいです。コサックのロシア人、なまずひげの中国人、目の細いでっぱの日本人。でも、それは極端な考えです。

 正直なところ、壁に向かってこういう風につぶやくのが、一番自分を客観的に見れそうだ、と思っています。壁に対して感情的になることはありません。何回も文章を直すことが出来ます。

 わたしは喋るのが苦手です。顎の右側が凝り固まっていて、大口を開けるとコキッという音が鳴ります。首から肩にかけての筋肉が凝っていない状態、というのを忘れてから何年も経ちました。だからよく噛みます。
 しかし、そのおかげで文章は誇ることが出来ます。しゃべれない分、一番自分の考えをうまく説明できるからです。(もちろん、何回も手直しする必要があります)

 「どうすればいいのか」

 やっぱりわかりません。でも、書き連ねて少しすっきりしました。




 すっきりするために、もう少し書き連ねます。



 私はツイッターを「すっきりするため」につかっています。

 友達の前でつぶやきます。「アー疲れた」と。
 すると、友達は気を遣って「俺もツカレタヨー」と言わなければいけません。逆もまた然りです。

 では、自分の部屋でつぶやきましょう。「あーツカレタ」。
 ……ますます気分が落ち込んでしまいます。独り言は連呼すると癖になります。

 だから、ツイッターは気楽な存在です。文章にして、「ふう疲れたー」。
 誰からも返事は返ってきません。TLには膨大な量のツイートがあふれています。全部チェックして返信するのは正気の沙汰です。電車の車内のようなものです。みんな思い思いのことを喋っていますが、返信するのは脳が反応したツイートだけです。つまり、情報を取捨選択するわけです。

 「疲れたー」という単語を見ても、「ふぅん」で終わります。「あぁ疲れたんだな」と思って終わりです。
 これが声で、相手の目を見ながら発言すると、何らかのアクションをとる必要があります。返事をするとか、うなずくとか。反応をしなければ、関係が損なわれてしまいます。目の前に相手がいるわけですから。





 と書いていて、今までどうだったかな、と思い返します。
 もしかして、10ツイートくらい連続で「ツカレター」と言っていたかな、と。日常でも頻繁に口に出していたかな、と。忘れっぽいので覚えていないのです。さっき思いついて今メモしようとしたけど、はたして何のことだったかな、ということがよくあります。頻繁に会う友人の名前が思い出せないこともあります。

 「疲れる」度合いはその人によって異なります。どういう体験をしてきたかで、同じ作業が天と地ほども違います。それを知るには、実際に体験するしかわかりません。自慢じゃありませんが、金弾を蹴られたときの痛さは身を持って知っています。下ネタですいません。

 じゃあ、なぜそんなところを蹴られたのか。私には他人の状況というのが、どうもよく掴めないのです。
 まぁ、イジメといいますか言いがかり姉さん的といいますか、小学校の頃はとんでもないお調子者でして。なんつーか、自分自ら孤立している時期がありました。イジメといっても集団でぼこるとかそういうのではなく、1人で周囲にいろいろちょっかい出したり暴言を吐きまくっていたわけです。体育館でつばを吐きまくって喧嘩を挑み、無惨に負けたこともありました。友人の1人によると、とある学校行事の際に、先生が横を向いた瞬間に私が彼を殴ったとか。反撃時には先生がこっちを見ているという、なんつーか外道だなオイ。しかもまたもや記憶にございません。

 それでまぁ、周囲の中のある1人の堪忍袋の緒が切れて、ついでに私のも切れてしまったと。また下ネタで申し訳ない……血が出るともの凄くしみるんだよアレ。ほんと申し訳ない。
 それでわかったか……いいやわからなかった。中学校にはいるとだいぶ落ち着いたのですが、今度は靴で鼻を蹴られて神聖鼻血ブー帝国。しかもまたもや私が被害者扱いに。これの記憶ははっきりと残っているのですが、ノートにいろいろ書き込んで嘲笑という、ものすごく卑劣漢。しかもそれをイジメと感知していないのです。いや立派なイジメですから!

 何回か間違って、私はやっとこさ思い当たりました。「私はかなり酷いことをしていたんだ」。
 喋らないとき以外はなるべく喋らないようになりました。


 こんな当時の私ですが、中2パワーといいますか、みんなそんな状況でしたのでマイナス×マイナス=プラスみたいな感じで、クラスはそれなりに仲良しでした。ごめん合唱部の人。特にリッキー……練習にならなかったのは主に私のせい。

 さきほど、私は忘れっぽいと言いました。すごく忘れっぽいです。しかし、今でも忘れないことがあります。


 あいつは、いつも走った後に息切れをしていました。今の私は……ぷよぷよなお腹なので何も言えませんが、当時は合唱部に入っていたので、つまり今よりもがっちりしていたので、あいつのことをだらしがない、軟弱者だと考えていました。
 それで、いまでも思い出すのです。あいつの心臓は、本当に弱かったんだって。

 それほど親しくもない友達でした。小学校高学年のとき、サバゲーという言葉も東京マルイの存在も知らなかったときですが、あいつに誘われ、山の中でサバゲーをしました。今覚えば不法侵入の上にゴーグルも装着せずという、非常にDQNなゲームです。しかし当時は別のことで頭がいっぱいでした。
 「あいつ、ぼくの尻を撃った!ひどいやつだ!」
 まあ、悪行の限りという点ではお互い様ですが、とにかくマルイのショットガンで尻を撃たれたわけです。しかも超至近距離。しかも子供です。痛くないわけがない。
 そんなこんなで、あいつの印象が良くなかったわけです。中学校に上がってからサバゲーをしたときも、誘うことはありませんでした。もちろんゴーグルをしていましたが、相変わらず森の中にずかずかと入り込んでいました。やっぱり非道です。

 で、中3の夏に、エイプリルフールが来たわけです。ある友人の家におじゃましているとき、家の人にこう言われました。「○○君死んだって」。
 友人もその家の人も皆ユーモアのある優しい人たちでした。だから「えっ」てなりました。
 友人と一緒に、やりとりを数回繰り返しました。夏休みが始まってから数日です。1週間前にへたっている姿を見たばかりです。でもそこまでへたっていません。
 大祖母、祖父が亡くなったとき、私は死を受け入れることが出来ました。大泣きはしましたが、とにかく理解しました。だんだん弱っていったからでしょうか。

 涙さえ出ませんでした。葬式の会場で、おもわず「こんにちは」と言ってしまったほどです。

 心臓が弱かったということを聞かされました。倒れて、そのまま逝ってしまったと。葬儀会場があんなに満杯になっているのを、はじめて見ました。1階も2階も超満員で、会場から人が溢れていました。もう何がなんだかわかりません。お坊さんが地平線の彼方よりも遠くに見えました。

 そうして、私は「見えないところに事情がある」ということを知りました。

 今でもよくあいつの事を思い出します。それでなにか考える、という訳ではないのですが……思い出すのは、グラウンドで疲れたようにへばっているあいつの顔です。ただそれだけなんですが。



 人に手紙を出すときは、「目的」を考えて書かなくてはいけません。その人に何かを伝えるのが目的で、わかりやすく伝える必要があります。字数を少なくすることも重要です。

 今回の文章は、自分でもわからない頭の中の考えを、思うがままに書き連ねただけです。つーかもう1時かよ。

 自由に書き連ねました。文章として矛盾していたりしますし、何が言いたいのかさっぱりですが、自由に書いた分、頭はすっきりしています。


 そういえば、中学生の頃、モーターライズのM42ダスターを走らせていたことがありました。途中でキャタピラに蜘蛛を巻き込んでしまい。もの凄く罪悪感に責め悩まされてしまいました。
 その一方で、熱湯をアリの巣にぶっかけて……言うも恐ろしいことをして喜んでいました。

 何というか……ここにきて言いたいことが1つだけ。氷山の一角から崩れ落ちて見えてきました。


 人間って矛盾している。何から何まで。



 私の考えはころころ変わっているので、明日にはまた別の考えになっているかもしれません。昨日の考えは違う考えでした。
 とりあえず、「この考えは間違っている/間違っていない」のレッテルは貼らずに終わりたいと思います。



 ここまで全部読みきった人はいないと思いますが、一応そういう人がいたら聞いてください。

 これらは私の考えですが、ごくごく一部です。読み切った貴方にとって、もしもそれが笑止千万でも、決して考えを踏みつぶすようなことはしないでください。
 私にはわからないことがいっぱいあります。ですからたくさん読み考えて、自分の頭の中で構築していきます。何を構築しているのかはわかりません。多分、文字にはできません。(ピー的な意味ではなく、文字や言葉に翻訳することが出来ないという意味です。いわゆる脳内の自分語です)

 それを砕かれると、……あんまりよくないのです。どうよくないのかもわかりませんが。

 今までにわかりませんという言葉を多用していますが、本当にわからないことと、直感的にわかっていても言葉に翻訳できないことに別れています。意味が違うふうにとられてしまうこともあります。

 本当に、言葉というのは不便な物です。でも、なんだか気分が晴れ晴れとします。脳内にためておくのは、あまり良くないですね。

 「疲れたー」と言うだけでも、ストレス解消になっているのかもしれません。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://factryworldrottweil.blog11.fc2.com/tb.php/110-4719f9d8

Comment

澱葉

(´・ω・`)ツカレタネー。
ま、取り敢えず勉学の方は安定したとの事で良かったです。

40kの方は緑サイキョーをやめてCSMを伸ばすとの事…。
サイカー増えるのか…そして近接増えるのか…okこっちはネクロン
学派:土で突撃-??cm付与だな、これで対策とるしかねぇ…。(((;゚д゚)))

その後の感想、まぁ、私もその場の勢いで筆を取ることもあります。
考え方なんて人其々あるから明確な答えってのは本人にしかないんだと思います。
“ワク”に嵌った考え方も一つのやり方だけど、それを嫌う人も居るしね。
ただ、ヨノナカを生きていくうえでのマナーはある程度の理解はもつ必要が
あるんだってことを覚えておいてほしいかな?ソユノモアルって程度でok。
この先も色々と衝突はあると思うけど、へこみ過ぎないように
お互いがんばりまっしょい♪(*´Д`*)ノ
  • URL
  • 2012/03/04 22:42
  • Edit

ラク

コメントありがとうございます。

サイカーおk!と言いながらスペキャラのカーンを投入してもいいなと考えています。かなりの矛盾ですw

はい、生きていく上でマナーはもの凄く重要だと考えています。ただ、マナーにもたくさん種類があって、それらを全部把握ないし理解できていないのが、自分にとって問題でして。
わかっているつもりでも本質はわかっていなかった……なんて事もあるので、そこは勉強だと思っています。

時間をおいてから読み返してもやっぱり「自分何言っているんだろう?」という感じです。う~ん……。

またネクロンをぼこぼこにする/されるのを楽しみにしています!
  • URL
  • 2012/03/05 14:45
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

Utility

プロフィール

ラク

Author:ラク
 ミニチュアゲームな話題を紹介していくブログです。

Twitter

laku1939 < > Reload

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。